インクカートリッジはプリンターメーカーからすれば、本体価格を下げたことに対する利益の源泉であるが、互換インクやリサイクルインクが市場を圧倒すれば利益の源泉を失う。そこで回収ボックスなどを設置し対抗する方法をとっている。

プリンターにとってインクは生命線であるといえます。

印刷することが命題であるわけですから、紙に対しインクがなければ印刷することができません。

中には感熱紙のようなものもありますが、これは特殊であり、印刷とは言えない部分も持っています。

 

このインクは純正品ではとても高いものです。

プリンターメーカーは本体価格を落とすことにより、市場への浸透度を高め、販売量を確保するとともに、そこにかかる消耗品で利益を上げるスタイルになっています。

こういった手法は日本独自の販売方法であるともいえますが、消耗品であるインクはとても効果にならざるを得ないわけなのです。

そこで、互換インクやリサイクルインクがあるわけですが、この中でもリサイクルインクを作るためには、純正品のインクカートリッジが不可欠です。

そのため量販店の店頭には、いかに確保するかということの一つの方法として、リサイクルボックスという回収ボックスが設置されているのです。

 

しかし、メーカーとしては、リサイクルインクが市場で地位を獲得してしまえば、企業として利益がなくなる恐れもあり、自社で回収ボックスを設置し回収する方法を考え出しました。

それが「インクカートリッジ里帰りプロジェクト」です。

大手メーカーが参加して行われているもので、回収後にはエプソンが障碍者施設を使い、仕分け作業を行うことで社会貢献をするプロジェクトになっており、回収したインクカートリッジはエプソンではマテリアルリサイクルを進め、キヤノンではリユースしているのです。